*

ドン・オーギュスタン・カルメ Dom Augustin Calmet

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

18世紀に生きた、ベネディクト修道会士。
なぜ、神に仕える人が吸血鬼に興味を持ったのか分からないが、吸血鬼の資料を集め、「精霊示現、ならびに、ハンガリー、モラヴィア等の吸血鬼あるいは蘇れる死者に関する論考」(1746年)という文を著した。

しかし、上記の書は、文の主旨としては、吸血鬼を否定するものである。
カルメは、吸血鬼の例を挙げては、それを「吸血鬼事件などではなく、科学で説明の付くことではないのか?」と検証したのであり、吸血鬼の迷信に怯える民衆の、啓蒙を目指したのであった。ただ、その「吸血鬼の例の挙げ方、検証の仕方」が、あまりにもマニアック、かつ執拗なので、当ブログ管理人などのような「吸血鬼マニア」と、非常にかぶるところがある。私は、個人的には、「カルメ師もわが同好の士なのではないか」と思っている。

関連記事

エドワード・D・ホック Edward Dentinger Hoch

アメリカの作家。怪盗ニック・ヴェルヴェット・シリーズの作者である。 ミステリ作家であるが、作品から

記事を読む

デュラン・ディーコン夫人

「ロンドンの吸血鬼」事件の、9番目の被害者。事件の犯人である、ジョン・ジョージ・ヘイグと同じアパート

記事を読む

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6) 写実主義の

記事を読む

ウィリアム・ドラルド・マック・スワン

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」事件(1946~1949)の、最初の被害者。 当時マック・スワンは

記事を読む

ケビン・J・アンダーソン Kevin J. Anderson

アメリカのSF作家。映画「スター・ウォーズ」「Xファイル」などのノヴェライゼーションも書いている。

記事を読む

アーチボルド・ヘンダーソン

ロンドンの吸血鬼事件の、6番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、

記事を読む

ローズ・ヘンダーソン

「ロンドンの吸血鬼」事件の、7番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺さ

記事を読む

フレデリック・カウルズ Frederick Cowles

イギリスのホラー作家。(1900~1949) 翻訳されている作品は、「カルデンシュタインの吸血鬼」

記事を読む

マイク・レズニック Michael Resnick

アメリカのSF作家。(ミステリも書く) スケールの大きいSF作品を得意とする。 ●マイク・レ

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑