*

ドン・オーギュスタン・カルメ Dom Augustin Calmet

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

18世紀に生きた、ベネディクト修道会士。
なぜ、神に仕える人が吸血鬼に興味を持ったのか分からないが、吸血鬼の資料を集め、「精霊示現、ならびに、ハンガリー、モラヴィア等の吸血鬼あるいは蘇れる死者に関する論考」(1746年)という文を著した。

しかし、上記の書は、文の主旨としては、吸血鬼を否定するものである。
カルメは、吸血鬼の例を挙げては、それを「吸血鬼事件などではなく、科学で説明の付くことではないのか?」と検証したのであり、吸血鬼の迷信に怯える民衆の、啓蒙を目指したのであった。ただ、その「吸血鬼の例の挙げ方、検証の仕方」が、あまりにもマニアック、かつ執拗なので、当ブログ管理人などのような「吸血鬼マニア」と、非常にかぶるところがある。私は、個人的には、「カルメ師もわが同好の士なのではないか」と思っている。

関連記事

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演じた。 ガルボ、ディート

記事を読む

岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執

記事を読む

ヘンリー・カットナー Henry Kuttner

アメリカの作家。(1914~1958) 吸血鬼ファンにとっては「怪奇小説作家」だが、世間的には「S

記事を読む

ジャン・レイ Jean Ray

ベルギーの幻想作家。(1887~1964) 怪奇よりも、ファンタジーで有名。 幅広い作風を持ち、

記事を読む

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロッパ史教授を勤めていた。同僚教

記事を読む

レイ・ブラッドベリ Ray Bradbury

アメリカのSF作家。 情感にあふれ、感傷や郷愁で人の胸を揺さぶるのが大得意なSF作家である。 S

記事を読む

菊地秀行

作家。翻訳も手がける。 SF、ホラーの愛好家。特に、吸血鬼マニアとして有名。 ハマー・プロの

記事を読む

種村季弘

ドイツ文学者。翻訳家。エッセイスト。 吸血鬼アンソロジー「ドラキュラ・ドラキュラ」を編み、吸血鬼の

記事を読む

平井呈一

翻訳家。(1902年 東京生) 日本で、最初に「吸血鬼ドラキュラ」を完訳した人。 怪奇小説、推理

記事を読む

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。 奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。

記事を読む

PAGE TOP ↑