*

血の兄弟

公開日: : 吸血鬼小説

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)

精神科の医者と、患者スミスの会話。
スミスは、自分を吸血鬼だと主張する。ドーカスという娘に噛まれ、吸血鬼にされてしまい、そのために、マントを買うわ、棺を買うわで出費がかさみ、やりきれないという。しかも、昼間出歩けなくなったため、仕事もうまくいかないという。
ニンニクが嫌いになり、教会には近づけなくなり、スミスは困り抜いているとうったえる。
医者は、「簡単に治る」と言い、手の中で玩んでいたナイフで……。(後は読んでもお楽しみ)

●登場する吸血鬼の特徴
・青白い顔色
・マントを着ている
・赤く充血した目
・昼は寝ていて、夜活動する
・中に土を敷き詰めた棺おけで眠る
・鏡に映らない
・ニンニクの匂いが嫌い
・流れている水の上では、活動できない
・銀の弾丸で撃ち殺せる
・日光に当たると体が滅びる
・犬歯が、とがって牙になっている
十字架がキライ(指で十字を作っただけでもダメ)
を胸に打たれると死ぬ
・ドラキュラ型

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

●「ミステリマガジン1978年8月号 №268」宮脇孝雄訳

関連記事

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)作 吸

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

PAGE TOP ↑