*

ドーカス

「血の兄弟」に登場する吸血鬼。
登場するとはいっても、会話の中に登場するだけ。

多分、若い娘らしい。どうやって吸血鬼になったのかは不明。
吸血鬼になる前から、夜型人間だったらしい。スミスを噛んで吸血鬼にした。
精神科医のフィアンセがいる。

●「血の兄弟」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ著「マグナス伯爵」に登場する吸血鬼。 もっとも、作中では、はっきり吸血鬼とは

記事を読む

ドラキュラ伯爵 Dracula

ブラム・ストーカー(Bram Stoker:英)が1897年に著した「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸

記事を読む

カーカー族

アントニー・バウチャー作「噛む」に登場する吸血鬼。 アメリカ西部の町の、ある屋敷に住み着いている。

記事を読む

ロミュオー

「死霊の恋」の吸血鬼クラリモンドに血を吸われる犠牲者。 僧でありながら死者であるクラリモンドと恋に

記事を読む

サラ

「影のない男」に登場する吸血鬼。 原因不明の伝染病の元凶になったとして、殺された女。「鬼女サラ」と

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。 以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村

記事を読む

マーガレット

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 夜間大学の同級生、ネヴィルに目をつけて襲い、彼を吸血鬼にする

記事を読む

ロザモンド・デナム

ヘンリー・カットナー作「ヘンショーの吸血鬼」に登場する吸血鬼。愛する夫のチャーリーも吸血鬼である。

記事を読む

ヘンツィック卿

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 幽霊が出ると評判の、朽ちた古城に住む。 非常に贅沢な城

記事を読む

ベン・コートマン

「吸血鬼」に登場する吸血鬼。主人公ロバート・ネヴィルの隣人。「新しい人類たち」に殺される。 ●

記事を読む

PAGE TOP ↑