*

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。
恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森を抜けようとして、吸血鬼たちの住む城に引き入れられる。
魔よけの力を持つ樺の木の棒をにして、城主マランボワとそのを退治する。

関連記事

ルートヴィヒ・フォン・カルデンシュタイン伯爵

「カルデンシュタインの吸血鬼」に登場する吸血鬼。 正方形で、四つの角に小塔が立った小さな城に住

記事を読む

ドン・サンディアゴ・デ・バルデス

「墓の中の悪魔」に登場する吸血鬼。カスティリャ出身の貴族。吸血鬼となり、何百年も生きながらえている。

記事を読む

ドラキュラ伯爵(「感染」の)

「感染」に登場する吸血鬼。 自ら「ドラキュラ伯爵」と名乗るが、「吸血鬼ドラキュラ」のドラキュラ

記事を読む

マグダ・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公、クリストファー・ラムデンの妻。 吸血鬼ドレークに血を吸われ、吸血鬼にさ

記事を読む

ガイ・エックハート

「影のない男」の登場人物。サラに二度にわたって血を吸われるが、命は取りとめる。

記事を読む

フリッツ・アウグスト・シュミット

「炎の十字架」に登場する吸血鬼。 ハールヘーファー家の、カールとフラムヒェン姉弟に仕える召使。姉弟

記事を読む

ジョー

「狼女」の登場人物。 半エスキモー、半インディアンの老人。モデルに生き写しの彫刻を作る腕を持つ。

記事を読む

オポルチェンスカ公爵夫人

「墓地の管理人」に登場する吸血鬼。 ロシア人か、ブルガリア人かどちらか不明。生前は大金持ちだっ

記事を読む

ラドラック

「血の季節」に登場する吸血鬼。ヘルヴェティア国の外交官。戦争中、日本のヘルヴェティア公使館に滞在中に

記事を読む

ルルベル

「血の季節」に登場する吸血鬼。 駐日ヘルヴェティア公使の娘。金髪碧眼の美少女。亡くなった母親に生き

記事を読む

PAGE TOP ↑