*

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。
恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森を抜けようとして、吸血鬼たちの住む城に引き入れられる。
魔よけの力を持つ樺の木の棒をにして、城主マランボワとそのを退治する。

関連記事

ジョナサン・ハーカー Jonathan Harker

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の主人公。ロンドンに住む青年。弁理士事務所に勤め、自分も弁理

記事を読む

ヘルヴェティア公使夫人

「血の季節」に登場する吸血鬼。二等書記官ラドラックに吸血され、吸血鬼となる。 公使館の裏庭に葬られ

記事を読む

クラリモンド

「死霊の恋」に登場する吸血鬼。世間に名を知られた遊女。「何度も死んでいる」「彼女の恋人は、みな悲惨な

記事を読む

レンフィールド(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物だが、もちろん「吸血鬼ドラキュラ」のレンフィールドと同一人物なのだろう。

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

「ランプリング・ゲートの主」に登場する若い男の吸血鬼。 以前は人間だった。黒死病で死に絶えた村

記事を読む

ロバート・ウォラム

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 元は人間。最愛の恋人リーサとともに、幽霊屋敷と評判の城を

記事を読む

マーガレット

「スタイルの問題」に登場する吸血鬼。 夜間大学の同級生、ネヴィルに目をつけて襲い、彼を吸血鬼にする

記事を読む

コーバーマン

「二階の下宿人」に登場する吸血鬼。(作中で「吸血鬼だ」とは断言されていないが) 彼が町に引っ越して

記事を読む

エスター・ノーマン

「影のない男」の登場人物。ツツロン男爵にさらわれ、吸血されそうになるが、ド・グランダンに救出される。

記事を読む

心中の虫

「心中の虫」の主人公。放射能汚染により生まれた吸血鬼。 人の心を読む術を持っており、そのために作品

記事を読む

PAGE TOP ↑