*

ブラド・ドラクール(「小夜曲」の)

「小夜曲」の登場人物。多分吸血鬼。

ロック・バンド「ヴラド&ザ・インペイラーズ」のリーダーで、ヴォーカル。ステージ衣裳は黒マントで、インペイラーズの三人(三人とも顔色が白く、唇が赤い)を従え、ラップを歌う。ヴラドが歌いだすと周囲の犬が吠え、猫もうなりだす。
犬猫ばかりでなく、聴衆も熱狂する。

ヴラドの歌う歌は、「外国語のラップ」と書かれており、特に何語とは書かれていない。(けど、多分ルーマニア語?)

●特徴
・昼間は活動しない
・瞳孔が開いている
・顔色は真っ白
・手が冷たい
・水の上は苦手
・教会が苦手
十字架が苦手
・酒は飲まない(ブラディ・マリーにだけ、やや興味を示した)
・鳥に姿を変えられるらしい?
ニンニクが嫌い

●「小夜曲」収録のアンソロジーは、妖魔の宴 ドラキュラ編2

関連記事

アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言

記事を読む

グレアム・キーン

「コウモリはわが兄弟」に登場する吸血鬼。 吸血鬼による社会の支配を目指す吸血鬼に、その活動の助

記事を読む

オポルチェンスカ公爵夫人

「墓地の管理人」に登場する吸血鬼。 ロシア人か、ブルガリア人かどちらか不明。生前は大金持ちだっ

記事を読む

アンナ・ランコウスキー

「最後の手段」の登場人物。 吸血鬼ステファン・ランコウススキーの母親。 多分、彼女自身も吸血

記事を読む

エッツェリン・フォン・クラトカ

「謎の男」に登場する吸血鬼。 本当は、100年以上前に死んだ人間。本名を名乗ると、正体がばれて

記事を読む

ジョナサン・ハーカー Jonathan Harker

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の主人公。ロンドンに住む青年。弁理士事務所に勤め、自分も弁理

記事を読む

オルガ・ヘルシング

「一九四四年のドラキュラ」の登場人物。 ジプシーの老婆で、ヴラド・ツェペシュの世話をしている。

記事を読む

オルガーレン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ロシアの貨物船の船員。ドラキュラ伯爵の潜

記事を読む

コーバーマン

「二階の下宿人」に登場する吸血鬼。(作中で「吸血鬼だ」とは断言されていないが) 彼が町に引っ越して

記事を読む

ジョン・ジョージ・ヘイグ John George Haigh

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」。(1909~1949.8.10) ロンドンで、9人もの人間を殺した連

記事を読む

PAGE TOP ↑